ホロスコープジェネレーターが出来ました >>
PR

【占星術で扱う天体まとめ】天体の意味と象徴、年齢域を解説

占星術

あなたの星占いを次のレベルに引き上げるために、天体への理解を深めましょう。

占星術は、宇宙の神秘的な力と、私たちの生活との関係を繋ぐ
古代から伝わる知恵の宝庫と言われています。

それでは、さっそく天体とそれに関連する意味について探ってみましょう。

スカルノ
スカルノ

最初のうちは意味を覚えるのが大変よね。天体は人間の年齢域と結びつけて考えると理解がしやすいわ。この記事で理解を深めてくださいね♪

天体とその象徴の意味

 占星術において、12星座とそれぞれの天体にはそれぞれ意味があります。例えば、太陽は自分自身のアイデンティティーや表現方法、月は感情や感受性を象徴します。

天体は、占星術の起源、世界中の文化、歴史、神話に深く関わっており、私たちの性格や未来への予測に利用されています。

 天体と記号、象徴の意味 

「太陽」は活力、エネルギー、自尊心、リーダーシップ、現実感を表し、

「月」は感情、家庭、母親、女性的な側面を象徴します。

「水星」は、コミュニケーション、知性、学習、交流を表し、鋭敏な感覚的習得と戦略的な計画をインスピレーションを受けます。

「金星」は、美と愛、贅沢、社交を表し、

「火星」は、エネルギー、意志、アグレッション、情熱、タフさを象徴します。

「木星」は、繁栄、成長、信仰、前進を表します。

「土星」は、使命、責任、制限、禁止を示し、

「天王星」は、革新、時間、変化、奇抜さを与え、

「海王星」は、直感、創造性、不確定性、幻想を表します。

「冥王星」は調和とバランスの象徴であり、もう抜け出すことができない運命と表されています。

 異なる年齢域での天体の解説、占星術における天体と性格の関係、また、占星術は迷信だという考えも浸透していますが、ここで私たちはその考えを見直す必要があります。占星術は、体を動かすことや身体をケアすることと同様、私たちが日常生活で直面する問題を解決する重要な助けになります。

天体の記号

各天体は独自の記号で表されています。以下は一般的な天体の記号です。

太陽: ☉

月: ☽

水星: ☿

金星: ♀

火星: ♂

木星: ♃

土星: ♄

天王星: ♅

海王星: ♆

冥王星: ♇

これらの記号は、占星術のチャートやホロスコープで使用され、特定の天体がどの位置にあるかを示します。

占星術における天体の年齢域と性格の関係

占星術において、天体の位置や配置は、私たちの人生に深い影響を与えると言われています。天体の象徴は、人格特性や個人的な成長を示すために使用されます。

また、それぞれの天体には年齢域があります。
年齢とともに、これらの象徴はどのように変化するのでしょうか?

以下では、子ども期から老年期まで、年齢と天体の関係について説明します。

0~7歳:「月」 – この年齢では、好き嫌いや感情の基礎が形成されます。これは人格形成の初期段階で、子供の感情や反応が形成される時期です。

8~15歳:「水星」 – 子供が知識を吸収し、理解力や思考力が発達する時期です。学校で学ぶことの多い時期に対応します。

16~25歳:「金星」 – 若者が自分自身について深く理解し、感情や感受性が発達する時期です。恋愛や芸術への興味が高まることが多いです。

26~35歳:「太陽」 – 自分の人生の目的や目標を見つけ、それを達成するために努力する時期です。キャリア形成や自己実現に重点を置くことが多いです。

36~45歳:「火星」 – 自分の能力を最大限に活用し、社会での地位を確立する時期です。自分の目標を達成するために積極的に行動します。

46~55歳:「木星」 – 他人を受け入れ、自分自身を理解する能力が発達する時期です。寛大さや理解力が増し、社会的な地位が安定することが多いです。

56~70歳:「土星」 – 自分の人生の目標を達成し、人生を整理する時期です。退職や引退を考え、人生の次のステージに移行します。

71~84歳:「天王星」 – 物質的な束縛から解放され、より広い視野で世界を見る時期です。自分の人生を振り返り、人生の意味を見つけることが多いです。

85歳~死:「海王星」 – 人間としての個別の経験を超え、より大きな意識、つまり集団意識とつながる時期です。人生の終わりに向けての準備期間とも言えます。

死後:「冥王星」 – 人間の経験を超え、未知の領域へと進む時期です。これは死後の経験を象徴しています。

まとめ

占星術は人々の間でますます注目されています。

個々の天体が相互に影響し合いながら、私たちの人生にさまざまな要素をもたらすとされています。さらに、年齢域によってもその影響が異なる場合があります。

例えば、若い世代には未来への展望や自己発見を促す天体が重要であり、中年世代にはキャリアや家庭、人間関係に焦点が当てられることがよくあります。年齢が上がるにつれて、人生の成熟と内省が重要とされることもあります。

星占いは自己理解や人生の指針を得る上で有用な手段となることがあります。詳しく調べてみたい!と興味があればぜひ一度お問い合わせください。

コメント